2019年10月14日

韓国 けさのニュース(10月14日)

◇検察特捜部の縮小案 きょう法相が発表

 政府と与党「共に民主党」、青瓦台(大統領府)は13日に検察改革について話し合い、検察特捜部の縮小や名称変更などを行うための規定改定を15日に閣議決定することを決めた。具体的な内容はチョ国(チョ・グク)法務部長官が14日に発表する。特捜部は主に政府高官や政治家の不正などを捜査する部署で、強大な権限を持つ検察の力の源泉とされてきた。7地域にある特捜部のうち、ソウルと大邱、光州の三つの特捜部を残し、残りは廃止する案がまとまったようだ。

◇鉄道スト終了 段階的に通常運行へ 

 12日に始まった全国鉄道労働組合の時限ストが14日午前9時で終了した。列車は14日夜までに段階的に通常の運行に戻される。いつもより乗車券はやや入手しづらいとみられる。韓国鉄道公社(コレール)は「14日の列車全体の運行本数は平時の91.2%程度。首都圏電鉄は99.2%で、始発からほぼ通常通りの運行となる」と説明した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:ニュース 韓国
posted by kazu at 11:52| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント