2019年10月30日

米「グアムから飛んできた爆撃機の費用払え」韓国に1億ドル要求

米国が第11回防衛費分担金協定(SMA)交渉で戦略資産展開費用として1億ドル以上を請求したと複数の消息筋が29日に明らかにした。戦略資産は米軍の長距離爆撃機、原子力潜水艦、空母などだ。これら戦略資産は昨年米朝非核化交渉が本格化してから韓半島(朝鮮半島)上空と海域を避け主に東シナ海などで哨戒作戦を遂行した。このため米国が純粋な在韓米軍駐留費用ではない東アジア・西太平洋安保の費用まで韓国に負担させようとしているという分析が出ている。

複数の韓国政府消息筋によると、先月24〜25日の1度目の交渉と今月23〜24日の2度目の交渉で米国側が戦略資産展開費用を取り上げた。ある消息筋は「米国は毎年の戦略資産スケジュールを基に計算した結果だと説明した。米国の戦略資産は毎年ほとんど変動がない日程で動くことが明らかになった」と説明した。

米国側は具体的にグアムのアンダーセン空軍基地から出撃するB−1B戦略爆撃機の場合、昨年基準として韓半島防衛のため5〜6回出撃したと根拠に提示した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:爆撃機 韓国
posted by kazu at 10:14| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント