2019年11月19日

【現地報告】どうなる?日韓GSOMIA…“ほほ笑みの国”で苦しむ韓国

日韓防衛相会談も「進展なし」

国同士が防衛上の機密を共有する際に第三国への流出を防ぐために結ぶ協定「GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)」。一方的に韓国が日本に破棄を通告し、その失効が6日後に迫った11月17日、“ほほ笑みの国”タイ・バンコクで河野大臣と韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相による日韓防衛相会談が開かれた。

GSOMIA破棄直前の担当閣僚による会談は当初より注目を集めていた。しかし直前の15日、韓国・ソウルで文在寅大統領がアメリカのエスパー国防長官との会談の中で「日本とは軍事情報の共有はしがたい」と言い放ったことで「事態の打開は難しいのでは…」という雰囲気が現地・バンコクにいる記者たちの中にも漂っていた。実際、私自身もその一人だった。ある日本の防衛省関係者も「韓国はもはや意地になっている」と指摘するほどだ。

そして注目?の会談だったが、「進展なし」という結論に終わった。
会談後の鄭国防相の会見を聞けば納得だった。下記は会見の要旨だ・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:GSOMIA
posted by kazu at 10:12| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント