2019年11月25日

「日本に要求するように反省しないなら自己都合の言い訳」ベトナム虐殺を問う笠デモ

韓国軍のベトナム民間人虐殺の国家責任を問う初の集会 「戦争の弊害と実情を誰よりもよく知る韓国も反省すべき」 12歳「自分と同じ年頃の子らが虐殺された歴史、悲しい 政府が真実を明らかにしてほしい」

 23日午後、ソウル中区のファイナンシャルセンター前の歩道。ベトナム式の笠を指す「ノンラー」60個が並んで置かれた。ノンラーにはバン・ティ・ノン、レェ・ティ・ソ、グエン・ティ・フィ、グエン・クイ、カオ・ティ・サック、バン・スエンなどの名前が記されている。彼らは皆1968年にベトナムのハミ村で韓国軍によって虐殺された民間人だ。「広場の空間を被害者に渡したいと思います。一度もこの場に立つ機会がなかった人々、私たちが忘れていた人々、大韓民国が忘れた人々の時間が、この場で私たちと共にすることを願います」。ベトナム戦争での韓国軍民間人虐殺問題を広める団体「蓮の花の下」のシン・ミンジュ代表がこう述べると、40人あまりの参加者は、ようやく広場に立ったノンラーの上の名前に向けて黙祷した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:虐殺 ベトナム
posted by kazu at 21:31| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント