2019年12月14日

韓国の役割を注視する米中…文大統領の実利・バランス外交が“試験台”に

 韓国はドナルド・トランプ米国大統領からの米朝関係の仲裁の要請に続き、習近平中国国家主席が中韓首脳会談以後、来年上半期に国賓として訪韓するとされている中、米中の覇権争いの間で、 文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領のバランス外交が“試験台”に上がっている。

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定と防衛費協議の過程で生じた米韓間の不和に対する憂慮の中、中国が周辺国に投げかけている“融和ジェスチャー”が韓国にまで届いている。急変する東アジア情勢の真ん中に位置している文大統領の外交力がリスク管理と実利、この2匹のウサギを得ることができるか、注目されている。

米国のインド-太平洋戦略の核心軸である日米韓の同盟関係が日本の対韓経済報復措置により、日韓間のGSOMIA延長問題にまで発展、その過程で見られた米国の韓国に対する態度に韓国では憂慮の声があがった・・・続きを読む


人気ブログランキング

posted by kazu at 23:35| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント