2020年01月14日

米朝対話「悲観せず」 韓国大統領が新年記者会見

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は14日、ソウルの青瓦台(大統領府)で新年の記者会見を行った。

 北朝鮮の非核化をめぐる米朝交渉が難航する中、文氏はトランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長に親書を送ったことなどに触れ、「楽観はできないが、悲観する段階ではない」と対話継続への期待感を示した。

 正恩氏は昨年末の党中央委員会総会で、核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の再開を示唆。北朝鮮の軍事挑発により、朝鮮半島情勢の緊張が高まると警戒する見方は増えている。

 北朝鮮高官は11日、正恩氏の誕生日(8日)を祝うトランプ氏の親書を受け取ったと明らかにした。誕生日に合わせて北朝鮮が軍事挑発に出ると懸念されていた中、文氏はトランプ氏の親書について「対話メッセージを強調したものとして大変良いアイデアだ」と評価した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:記者会見 文在寅
posted by kazu at 11:58| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント