2020年01月17日

韓国青瓦台、駐韓米国大使の発言に警告…「非常に不適切」

南北協力に関して文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言に公然と言及して「主権国家の介入」論争の渦中にいるハリー・ハリス駐韓米国大使について、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が「非常に不適切だ」という立場を明らかにした。

青瓦台の関係者は17日、記者懇談会の席でのハリス大使の発言について「大使が駐在国の大統領の発言についてメディアに公開的に言及したことは非常に不適切だ」とし「南北協力に関する部分は韓国政府が決定する事案」と述べた。

この関係者は「米国とは常時緊密に協調し、協議している」とし「政府は南北関係の実質的進展と早期の米朝対話のために努力し続ける」と付け加えた。

これは主権国家の大統領の言及を駐在国大使が関与したことへの強い警告の意味と解釈できる。ハリス大使の発言に青瓦台が立場を明らかにしたのは初めてだ。

また、南北協力をするかどうかは韓国政府が決定する事案であることを明確にし、米国の意思とは関係なく南北協力事業を推進するという意味と解釈できる。

ハリス大使は16日、外信懇談会で韓国政府の独自の南北協力推進構想に言及し、「今後の制裁を触発しかねない誤解を避けるために韓米ワーキンググループを通じて扱った方が良い」と話した・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:青瓦台 米国大使
posted by kazu at 22:35| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント