2020年01月24日

韓国与党の捏造か “放射能汚染地図”の追跡取材にあきれた言い訳

与党の制作 あまりにずさんな“日本放射能汚染地図”

怒りを禁じえないほどの衝撃だった。2019年9月、韓国の与党「共に民主党」の日本経済侵略対策特別委員会は福島第一原発事故による「日本放射能汚染地図」なるものを公開した。

地図は福島第一原発を中心に同心円状に汚染が広がっていて、そのエリア内に「宮城スタジアム」や「福島県営あづま球場」など東京オリンピックの競技会場5つが含まれているというのだ。そもそも地理的条件や気象条件を考慮すれば、汚染が同心円状に広がることはあり得ない。さらに地図に記載された各競技場の土壌から検出されたという放射性物質「セシウム137」の数値も異様なまでに高くなっている。そして与党側は会見でこのように主張した。

「様々なところで非常に危険だ。この地図を受けてわが政府、外務省はどれくらい(日本への)旅行が安全なのか、旅行する場合はどういうところに気を付けるべきか、検討してほしい」・・・続きを読む


人気ブログランキング
ラベル:汚染地図 放射能
posted by kazu at 21:07| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント