2020年02月08日

新型ウイルス、1機関で40人の医療関係者が罹患 院内感染に警鐘 研究

【AFP=時事】中国中部・湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)で先月、一つの病院で40人の医療従事者が患者から新型コロナウイルスに罹患(りかん)していたことが新たな調査で判明し、感染拡大の最前線で働く人々が直面するリスクが浮き彫りになった。

 武漢大学(Wuhan University)中南医院(Zhongnan Hospital)の医師らが執筆し、7日に米国医師会雑誌(JAMA)に発表された論文によると、外科に入院していた新型コロナウイルスに感染していた患者1人から医療従事者10人に感染したとみられている。

 患者1人から医療従事者10人に感染が拡大したと思われる今回のケースは、流行の第1段階は院内感染が起こりやすいという危険性を浮き彫りにしている。ただし、全体としては現在のところ、感染者1人から平均2.2人に感染が広がっているとみられている。

 同論文によると、感染した医療従事者40人のうち31人が一般病棟、7人が救急診療部、2人が集中治療室(ICU)で働いていた。

 さらに、新型コロナウイルス以外の原因で入院していた患者17人も新型ウイルスに感染。1月1日から28日までの間に計138人の患者が感染し、うち41%を院内感染を占めていた・・・続きを読む


人気ブログランキング
posted by kazu at 15:09| Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント